contact us

Use the form on the right to contact us.

IKURIA LIMITED

Designer Director Ikuko Kurahone

Somerset House Strand London WC2R 1LA

Company registered in England 8255227

VAT registration number GB144568593

 

contact by below emails

General enquiry, after-sales care:  info@ikuria.com

Bespoke: sales@ikuria.com

Wholesale enquiry: sales@ikuria.com

日本語でのお問い合わせ : info@ikuria.com

Press enquiry プレス: press@ikuria.com

For career opportunity: currently no vacancy

This website is developed in house

 

Name *
Name

Somerset House Strand
London WC2R 1LA
United Kingdom

FINE JEWELLERY LONDON

 

 

news and blog

 

 

January birthstone garnet 1月の誕生石ガーネット

ikuria

January's birth stone is garnet. The traditional colour of garnet is deep red. However, like sapphire, it is a very versatile, colourful gemstone. It comes with any thinkable colours.

Many gemstones are heat-treated to enhance or change colours before being used in jewellery. But, garnet cannot be cooked. You cannot do anything to garnet. In other words, all garnet colours are natural.

Pyrope is the most well-known colour of garnet, often called Bohemian garnet, as everyone knows. iKuria's Hannah II stacking ring features the deep, rich red stone. It is also Marsala, the Pantone colour of 2015.

Slightly pinkish garnets are called rhodolite. Here are our transmuting gold earrings from the Alchemist's notebook collection.

Rhodolite garnet ロードライト

Rhodolite garnet ロードライト

Very cool green garnet is called tsavorite, used as the centre stone for another Hannah II stacking ring. Tsavorite is a variety of the grossular garnet, which includes cinnamon colour stones too.

Garnet comes in so many colours we have not been able to use them all. Below are other colours of garnet and how they are called.

Spessarine-Also called mandarin garnet is orange to red-brown.

Almandite - red with violet tint. 

Demantoid - includes colourless to bright green garnets. It is very rare and normally smaller than 1 carat.

 

一月の誕生石はガーネットです。一般的に、ガーネットといえば深い赤の石ですが、サファイアと同じように、さまざまな色がある多彩な石です。

宝石は、熱処理などを施して色を均一にしたり、よりきれいな色に変えたりするとことが多いのですが、ガーネットは熱処理をしても色が変わりません。つまり、ガーネットの色は全て天然です。

パイロープ、ボヘミアンガーネットのような色をもった石は一番一般的なガーネットです。イキュリアでは、Hannah IIで使っています。深い、茶色かかった赤は、パントン社の2015年の色「マルサラ」ですね。

Pyrope.Traditional colour of deep, rich red garnet. パイロープ

Pyrope.Traditional colour of deep, rich red garnet.

パイロープ

少し明るめのピンクがかったガーネットは、ロードライトと呼ばれます。弊社では、「錬金術師の手帳」シリーズのピアスに使っています。

緑の石はザボライトと呼ばれます。弊社では、Hannah IIでアメジストと一緒にアレンジしてみました。ザボライトはグロッシュラーガーネットの一部で、シナモン色の石もグロッシュラーの一部です。

Tsavorite in the centre. 中央の緑の石がザボライト

Tsavorite in the centre. 中央の緑の石がザボライト

ガーネットは実にさまざまな色があるので、弊社ではまだ使いきれていません。

他の色のガーネットは、以下のように呼ばれることが多いようです。

スペッサータイン-オレンジ色。マンダリンガーネットとも呼ばれます。

アルマンダイト-一般的に紫がかった赤。アルマンディン、アルマンダインと同じ。

デマントイド-一般的に無色透明から明るい緑まで。珍しい石で、1カラット以上になることはほとんどないそうです。